cstap

プレスリリース

津波に対応した「安否確認サービス」新バージョン提供開始

防災の日の訓練に利用できる、最大120日お試しキャンペーン開始

2013/06/27

サイボウズ株式会社(本社:東京都文京区、社長:青野慶久)のスタートアップ事業を専門とする100%子会社、サイボウズスタートアップス株式会社(東京都千代田区、社長: 山本裕次、 以下Cstap)は、2011年12 月より提供している「安否確認サービス」に、津波情報に連携する新機能を追加した「バージョン3.5」を販売開始します。また、8月末までのお申し込み限定で、最大120日無料でお試しができるキャンペーンを開始します。

津波情報に合わせて自動的に安否確認を実施

東海トラフなど、今後予想される大地震で、最も大きな被害を発生させる可能性が高い津波の情報と連携し、緊急時にも被害状況の把握をより正確に行なうことが可能となりました。
津波情報は、気象庁より発表される実測データを利用します。、特定の観測点に対して、1m/3m/5m以上の津波が発生すると、自動的に全社員に安否確認連絡が届きます。
これにより、地震発生時だけでなく、津波発生時の自動的な状況確認が可能となりました。

今回の新バージョンの公開にあわせて、無料で最大120日利用できるお試しできるキャンペーンを開始します。お試しでは、津波連動をはじめ、地震連動などすべての機能をご利用いただくことができますので、9月の防災の日にあわせて、全社や全職員などへの防災訓練にご利用いただくことができます。

携帯電話での登録画面

津波の自動連携の設定画面(危機管理責任者向けの機能)

「安否確認サービス」とキャンペーンの概要

製品名 サイボウズスタートアップス 安否確認サービス
月額料金 50ユーザー 月額6,800円〜
https://anpi.cstap.com/price.html
キャンペーン内容
  • 最大120日無料でご試用
  • 2013年8月末までにお申し込み限定
自動連携する機能の一覧
  • 津波情報に連携した自動送信対応機能(新機能)
  • 地震情報に連携した自動送信
  • パンデミックに対応した予約送信

安否確認サービスはこちら

https://anpi.cstap.com/

サイボウズスタートアップス株式会社について

サイボウズスタートアップスは、起業家になりたいとチャレンジを考えている人を支援し、クラウドサービスやスマートフォンを利用した新たなサービスを展開することを目的に2010年8月2日に設立しされました。現在はビジネス向けのクラウドサービスを中心にスタートアップ事業の推進活動をしています。

サービスに関するお問い合わせ先

サイボウズスタートアップス株式会社 CEO 山本 裕次
〒141-0031 東京都品川区西五反田二丁目27番3号 A-PLACE 五反田 9階
TEL: 050-3816-6666 / MAIL: info@cstap.com
Facebook: https://www.facebook.com/cybozustartups
Twitter: https://twitter.com/#!/cybozu_startups

報道関係者様からのお問い合わせ先

サイボウズ株式会社 ソーシャルコミュニケーション部:椋田(むくた)
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階
TEL: 03-6316-1160 / MAIL: pr@cybozu.co.jp

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、こちらをご参照下さい。
https://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.html

プレスリリース