cstap

プレスリリース

大企業での利用に対応させた「安否確認サービス4.0」を公開
販売代理店の募集を開始

2013/09/30

サイボウズ株式会社(本社:東京都文京区、社長:青野慶久)のスタートアップ事業を専門とする100%子会社、サイボウズスタートアップス株式会社(社長:東京都千代田区、社長:山本裕次、以下、Cstap)は、2011年12月より提供している「安否確認サービス」を大規模組織でも利用できるようにした最新バージョン「安否確認サービスバージョン4.0」の公開を発表します。提供の開始は、10月16日(水)の予定です。

大企業でも利用できるように組織の階層化に対応

提供開始から約2年が経過し、数千名規模でのご利用が増える中で、連絡状況の細かい組織単位での確認や、各組織のマネージャーには自分の組織の確認にのみ閲覧を制限したい、といった大企業特有のニーズが増えてきました。最新バージョンでは、ご利用ユーザー数の規模拡大に伴い、組織の階層化、閲覧権限の管理を強化しました。提供は10月16日(水)を予定しています。
提供に先駆けて、最新バージョンを10月2日(水)~4日(金)の危機管理産業展(場所:東京ビックサイト)において公開いたします。

販売代理店の募集を開始

これまでの2 年間、お客様からの要望を中心に機能改善を行なってまいりましたが、お試しいただいたお客様の購入率が、想定を大幅に上回る60%に達しており、本バージョンより、本格的な拡販活動を強化してまいります。
まず第一弾として、安否確認サービスを販売いただける代理店の募集を開始いたします。
本サービスは、2016 年3月末で1,200 社100万人の導入を目指します。

安否確認サービスの利用画面イメージ
安否確認サービスの利用画面イメージ
階層化を行なった組織図(システム管理者向けの機能)
階層化を行なった組織図(システム管理者向けの機能)

「安否確認サービス」の概要

製品名 サイボウズスタートアップス 安否確認サービス
月額料金 50 ユーザー  月額6,800 円〜
https://anpi.cstap.com/price.html
新たに追加される機能の一覧
  • 組織と地域を階層で管理することができる
  • 代理回答を含めて、回答の履歴を確認できる
  • ユーザー/地域/部署情報のメンテナンス用APIの提供

安否確認サービスはこちら

https://anpi.cstap.com/

サイボウズスタートアップス株式会社について

サイボウズスタートアップスは、起業家になりたいとチャレンジを考えている人を支援し、クラウドサービスやスマートフォンを利用した新たなサービスを展開することを目的に2010年8月2日に設立しました。現在はビジネス向けのクラウドサービスを中⼼にスタートアップ事業の推進活動をしています。

サービス/代理店の募集に関するお問い合わせ先

サイボウズスタートアップス株式会社 CEO 山本 裕次
〒141-0031 東京都品川区西五反田二丁目27番3号 A-PLACE 五反田 9階
TEL: 050-3816-6666 / MAIL: info@cstap.com
Facebook: https://www.facebook.com/cybozustartups
Twitter: https://twitter.com/#!/cybozu_startups

報道関係者様からのお問い合わせ先

サイボウズ株式会社 ソーシャルコミュニケーション部:椋田(むくた)
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階
TEL: 03-6316-1160 / MAIL: pr@cybozu.co.jp

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、こちらをご参照下さい。
https://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.html

プレスリリース