cstap

プレスリリース

爆発的な集中アクセスにも対応する「地震発生時自動拡張機能」で堅牢性を高めた「安否確認サービス Ver.7」を2月24日に公開

2015/02/24

サイボウズスタートアップス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本 裕次)は、本日2015年2月24日(火)「安否確認サービスVer.7」をリリースいたしました。今回のバージョンにより、爆発的な集中アクセスが発生する巨大地震時でも高負荷の状態をつくらず利用できるシステム構成にしました、また、緊急時に対策の指示や議論を行なうためのコミュニケーション機能に、画像などの添付ファイルを利用できる特別版も公開しました。

アクセスが集中する前からサーバーをスケールアップさせて、堅牢性をより高く

一般的に安否確認システムでは、地震発生時に想定を上回るアクセスが集中することで、システムが安定的に動作しないなどの問題点が常に指摘されています。安否確認サービスは従来、利用者のアクセスが急増するとそれを処理するためのシステムを自動拡張する「アクセス集中時自動拡張機能」を有していましたが、今回のバージョンアップでそれに加え「地震発生時自動拡張機能」を実装しました。この機能により、地震発生それ自体をきっかけとして、安否確認サービスにアクセスが集中するタイミングより早く、システムを拡張するので、爆発的な集中アクセスでも高負荷の状態を作ることなく、システムを利用することができるようになります。

地震発生時自動拡張機能のイメージ

災害時に画像などを用いて被災状況の報告・連絡を可能に

緊急時に、プライベートな連絡先を知らない人同士でも、双方向にコミュニケーションが取れる点が安否確認サービスの特徴の1つです。今回のバージョンアップで添付ファイルに対応したことで、従来のテキストデータに加えビジュアル(画像)での連絡・報告が可能です。建物や社内設備の損壊状況など、テキストで伝えるには煩雑な情報も画像での意思疎通ができるようになりました。その他、緊急時マニュアルとして、word、PDFファイルを常時アップロードしておくことも可能です。

スマートフォンでの表示イメージ
マニュアルの添付イメージ

「安否確認サービス Ver.7」概要

製品名 サイボウズスタートアップス 安否確認サービス
URL https://anpi.cstap.com/
価格 初期費用 0円
※30日間の無料トライアルがご利用いただけます
50ユーザー 月額6,800円〜
https://anpi.cstap.com/price.html
新たに追加される機能一覧
  • 地震発生時自動拡張機能
  • 掲示板、メッセージへの添付ファイル機能(特別版として提供)

サイボウズスタートアップス株式会社について

サイボウズスタートアップスは、ビジネス向けのクラウドサービスを提供するサービス企業です。安否確認サービスやサイボウズkintoneなどのクラウドサービス間を連携させたサービスの提供を行なっております。

サービスに関するお問い合わせ先・マスコミ各社様からのお問い合わせ先

サイボウズスタートアップス株式会社 代表取締役社長 山本 裕次
〒141-0031 東京都品川区西五反田二丁目27番3号 A-PLACE 五反田 9階
TEL: 050-3816-6666 / MAIL: info@cstap.com
Facebook: https://www.facebook.com/cybozustartups
Twitter: https://twitter.com/cybozu_startups

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

プレスリリース